HOME 戻る
山 名
大茶臼山(413m) 丸山(457m) 火山(488m) 広島市佐伯区
登山日 2003年1月26日(日) 晴れ後雪 小茶臼山より大茶臼山を望む。02/12/31写す。
大茶臼山(小茶臼山より)
参加者 夫婦 Hさん
コース 五月ヶ丘中学校〜大茶臼山〜畑峠〜丸山〜石山〜権現峠〜三田峠〜火山〜水越峠〜立専寺 所要時間4時間
お弁当 下山後(安佐南区山本一丁目のモンゴイラーメン)
駐車場 今回は車を使用しませんでした。
トイレ 縦走路にはありません。
まとめ 武田山から鈴ヶ峰まで連なる山を総称して「広島南アルプス」と言う。誰から聞いたのかは忘れたが実に響きのいい言葉だ。今日はいつも飽きることなく自宅から眺めているコースを歩くことにする。

 上の娘に五月ヶ丘中学校まで送ってもらう。さっそく中学校体育館の裏手から山道に取り付く。約5分で己斐峠からの鉄塔巡視路の道が合流してくる。ここは少しややこしいところで注意が必要ですが、流れのない沢跡の左側を上の方に向かって行けば間違うことはありません。高圧線鉄塔の巡視路を登っていき、山頂から西に伸びる支尾根にでたら右に折れ(左は五月ヶ丘4丁目方面へ下山する)ると約5分で無線中継所がある大きな建物が眼前に出現する。


大迫団地(大茶臼山より) 無線中継所の建物の基礎の南側に広電己斐団地に下りる道が付いているので、この道を50mばかり下っていくと展望大岩があります。大茶臼山の唯一のビューポイントです。眼下に広島市街が広がりを見せています。

中継所まで戻りガードレールを跨いで舗装路にでて建物沿いに下っていくと50mも行かないうちに右手に山頂に入る道がある。残念ながら山頂は眺望がありません。
窓ヶ山方面(大茶臼山より)
広島市街(展望大岩より) 西方面を望む(展望大岩より)

 ここからは山道を下って畑峠にでる。なんとまあゴミの山だ。誰がこんなところまでゴミを捨てに来るのだろう。己斐からにしろ沼田からにしろクネクネした道を何回も切り返して、やっとこさ畑峠に着くことを思えばゴミを捨てに来るのも大変な意志とエネルギーが必要だ。左手に見えるカーブミラーのところから丸山方面の縦走路に入る。

 丸山・石山と順調に踏破し急斜面を下っていくと苦い思い出の地「権現峠」に着く。丁度1年前の冬に武田山と火山に登ったときのことだ。帰路は権現峠から山本方面に下りようと思って権現峠まだ辿り着いたのはよいものの「宅地造成中のため山本方面下山禁止」の立て看板が掲げてある。ええい何とかなると強行突破したのがまずかった。せっかく麓まで下りたが引き返さざるを得なかった。大幅に体力と時間をロスし、疲労コンパイの果てに畑峠の手前から西山本の御鉢山墓苑に辿り着いたのが記憶に新しい。


火山展望岩にて(後ろは春日野造成地と宗箇山) 火山への登りにかかると白いものがチラチラ舞ってくる。最初は灰かな?と思ったが雪だった。だんだんひどくなってきて、火山に着いたときには本降り(雪は本降りというんだろうか?)になってきた。こりゃあかなわん!頂上は素通りしてノンストップで下山する。今日の予報は「午後からグズつく」だったので諦めはつきます。だからお昼も用意していませんでした。

 春日野団地は造成工事が本格化してきました。醜い山肌が徐々に大きくなっています。自宅から見えるのですが、間近で見ると本当に開発とはすさまじいものだと感じてしまいます。そして開発の名の元に無残な姿になってしまった山が可哀想になります。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO