HOME 戻る
山 名
天狗城山(293m) 小松尾山(379m) 天狗岩山(370m) 広島県呉市
登山日 2002年4月28日(日) 晴れ 天狗岩(02/12/23天狗城山より)
天狗城山より望む天狗岩
参加者 単独
コース 呉ポートピア駐車場〜天狗城山〜中天狗〜小松尾山〜二艘木別れ〜市光山〜砥場別れ〜天地峠〜せん天別れ〜天狗岩〜小屋浦西谷〜呉ポートピア駐車場 所要時間6時間くらい
お弁当 二艘木別れの先の展望所(海田湾が望める絶好の場所)
駐車場 呉ポートピア(利用するのに気がひけました。)
トイレ 呉ポートピア(当然ながら水洗です。)
まとめ 先々週に天狗城山を目指したが、蛙岩で休憩中に突然雨が降り出したため縦走を断念して引き返しました。今日は奥さんが所用のため単独の山行きとなりましたが、前回のリベンジを果たすつもりです。

 呉ポートピアに駐車をし、ウォーミングアップを兼ねて体をほぐしながら登山口まで歩く。登山口まで来たところで近所(と言っても登山口のスグそばの家なんですが)にお住まいのK翁と挨拶を交わしたのが、本日の長い山歩きの始まりとなってしまったのである。K翁曰く「天狗城山に登るのなら、ついでだから足を延ばして天地峠から天狗岩に行ってみんさい。決して損はせんけえのう」と・・・。

 然らば、その言葉に従って大縦走を試みようではないか!まずは天狗城山に軽快に登り山頂で360度の展望を満喫する。天狗城山から中天狗まではシダの多い道で少しだけ難儀をする。中天狗から小松尾山までは倒木が道を塞ぐものの快適な山歩きだ。小松尾山では多少の樹木に遮られるものの360度に近い展望が得られる。

 小松尾山から下っていくと中国自然歩道に行き当たる。ここは変形四差路になっており、今下ってきた小松尾山方面、JR小屋浦方面、二艘木から深山の滝方面、そしてこれから登っていく市光山や絵下山方面と、いかにも山の交通の要衝といったところである。案内板とベンチがあり休憩するのにうってつけの場所です。市光山方面に少し登ったところの左手に展望所があるので、海田湾を眺めながら昼食にしました。

 展望所から中国自然歩道に戻り、市光山に向けて歩を進める。市光山の手前で道が二分しますが、左の道が巻き道となっており、ここはどちらを行っても市光山の先で合流します。砥場別れで中国自然歩道のメインルート(小屋浦〜絵下山)に別れを告げ、左手の砥場登山道に入って行く。すぐに天地峠へ下る標識が現われるので標識に従って左手の方に下っていく。標高差で200m下れば天地峠に着き、ここから、せん天別れまで登り返します。とてもきつい登りだったので間に合わせの杖を作りました。

 きつい傾斜を登っていくと突き当たりがベンチのあるせん天別れです。右はせんこう頭部の方です。ここを左にとると天狗岩です。天狗岩からは南に先ほど歩いてきた天狗城山の稜線が、北には広島市街を眺めることができ、素晴らしい眺望が展開されます。下りは小屋浦の西谷に降りていきます。尾根に別れを告げるとキツい階段が待ち構えていますので、ゆっくりと降りることが肝要です。


SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO