カタクリの里 (広島県向原町) 戻る

向原町のカタクリはほぼ南限にあたり、また自然に群生しているものはめずらしいとされています。川之内地区のカタクリの里では、4月初旬から約3週間咲き乱れるかれんな花が観賞できます。グループ夢語苟里では、カタクリ群生地付近へ「夢かたくりの家」を設け地場産品の販売やバザーなどを行っています。他には寺山かたくりの花自生地、丸山かたくりの花園があります。

2004年春に訪れたときは、祭りの最終日でしかも終わりの時間だったので来訪者にチューリップの切り花のプレゼントがありました。向原町のカタクリ祭りは毎年4月に開催されます。詳しくは町の観光課等にお問い合わせ下さい。
川之内地区のカタクリ自生地

訪問月別に、見られる花をまめてみました。

訪問月 カタクリの里に咲く花 備 考
4月 アマナイチリンソウカタクリショウジョウバカマ 04/04/11…川之内のカタクリ祭りに出かけました。最終日でした。この日は上下町と帝釈峡にも出かけました。
05/04/02…寺山地区と川の内地区の2ヵ所をはしごしました。両方とも咲き始めで見頃は来週以降でしょう。
07/04/08…川の内地区のカタクリ祭りを覗きました。最終日でした。
7月 アキノタムラソウキツネノカミソリ 04/07/31…ここのところ台風の接近で天候がすぐれません。


2012年4月15日(日)

今春の花の開花は例年より1〜2週間遅れていたが、4月の声を聞くと急に暖かくなり遅れを取り戻したようで、向原のカタクリも殆ど終わっていた。

この日は三原市に遊びに行った帰りに立ち寄ってみた。きっと今日が最終日だからチューリップが…と思っていたが、そのとおりで、来訪者にチューリップの切り花のプレゼントがあった。
カタクリの里

2007年4月8日(日)

中国新聞に「向原のカタクリが咲き始めた」との記事が載り、当日のNHK(だったと思う)でカタクリ祭りの模様を放映していた。こりゃあ出かけんといけん。落合のお弁当専門店でお昼の弁当を調達して向原に向かう。聞けば今日が最終日とのこと。今年のカタクリは終わるのが早いようだ。

カタクリの里を後にして、吉田町経由で八千代の土師ダムに向かう。裏側から入ろうと思ったが通行止めのため、大回りして正面ルートから進入する羽目に。堰堤の手前まで上ったところでピタッと動かず!仕方ないのでUターンして勝木の可部運動公園で花見をしました。
カタクリ咲く斜面

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO