カタクリ祭り (広島県上下町) 戻る

早春の山野草「かたくり」は、かつては日本全土に自生していましたが、最近では自生地が少なくなっています。その中にあって宇根のかたくりの里と河井のかたくりの里は、地元の保護で見事なピンクの花を咲かせています。上下町のカタクリ祭りは毎年4月に開催されます。上下町観光課等にお問い合わせ下さい。

カタクリの里で見られる花
アマナ、イチリンソウ(蕾)、カタクリショウジョウバカマスズシロソウミズバショウムラサキケマン
宇根カタクリの里

宇根地区 宇根地区のかたくりの里は、花が大きく密集して咲いているのが特徴で、3ケ所の花園があり、それぞれの条件により段階的に開花します。栃木県那須高原から購入したミズバショウ200株が休耕田に植え付けられています。
河井地区 河井地区のかたくりの里は、カルスト地帯の石灰岩が花園の美しさを引き立て、1.2ヘクタールの花園にはシカバナカタクリほか150種類の草花も自生しています。

2004年4月11日(日)

矢野温泉の前の道を西に向けて走っていくと「夢の里宇根」の紫色の幟が目に飛び込んできます。宇根地区のカタクリは丁度見頃で元気よく咲いてくれている。さらに今年からミズバショウが登場しました。田んぼに植えつけられた姿がいかにも初々しい感じだ。このまま根付いて丈夫に育ってくれればいいのだが・・・。

この後に河井地区のカタクリ祭りの方も少しだけ覗いて、そして帝釈峡のカタクリ祭り、向原町のカタクリ祭りと・・・少し贅沢かな。
ミズバショウが植えられた休耕田

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO