イワアカバナ〈岩赤花〉 科属名 花期 撮影日 観察地
アカバナ科アカバナ属 7〜8月 2003年9月7日 池の段湿原
山地〜亜高山の沢沿いなどの湿ったところに生える多年草で高さは15〜60cmになり、茎には曲がった短い毛がある。。葉は対生し、長さ2〜9cmの長楕円披針形でふちには鋭い小さな鋸歯がある。花期に茎の上部の葉のつけ根に、直径5〜8mmの白色または淡い桃色の花をつける。花弁は4個で切れ込みがある。イワアカバナは雌しべの先端が丸く、頭状か球状になっています。

【見かけた場所】
 池の段湿原の中にひっそりと咲いていました(03/09/07)
 大山夏山登山道の七合目の岩場、山頂付近の木橋の下(04/08/07)
 アカバナ属の仲間たち ⇒ アカバナ
SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送